JAよいち
JAよいち概要 さくらんぼ プルーン なし ぶどう トマト・ミニトマトよいちの野菜 ジュース よいちNEWSよいちのYES!clean お問い合わせ りんご
さくらんぼ

さくらんぼ


■ 水門
生粋の北海道生まれのさくらんぼ。本州では「北光」「北海ナボ」とも呼ばれていて、果実は7gくらいで大きく、果皮は鮮やかな紅色で果形は果頂部が尖っています。また、肉質は柔らかくて食味もよく、余市では7月上旬に収穫されます。
■ 南陽
山形県で選抜育成された品種です。余市では7月中旬に収穫されます。大玉の楕円形で糖分も多く、肉質が硬くて果汁が多いのが特徴です。色はナポレオンに似ていて、陽光面は美しいサフランピンクです。
■ 佐藤錦
山形県で「ナポレオン」と「黄玉」の組合わせによって交配されたさくらんぼの中でも代表的品種です。余市では6月下旬に収穫されます。果実は6〜7g、短いハートの形で甘みに富んでいて、果皮は帯黄色地の美しい鮮やかな紅色です。

■ 紅秀峰
山形県で「佐藤錦」と「天香綿」を交配育成した品種で果肉が硬く、酸味の少ない濃厚な味です。全国的に栽培が増えており、余市では佐藤錦に引き続き収穫されます。

お買い物はコチラ!
さくらんぼ
おいしさポイント おいしく食べる 毎日くだもの200g
実が大きく、実に張りがあり大きい。
実の色が濃い色のほうがおいしい。濃すぎると熟れ過ぎの場合があるので注意。
褐色の斑点があるものは避けてください。また、軸が茶色ではなく青々としていているものが新鮮です。
さくらんぼがおいしく食べられるのは収穫してから2〜3日。購入後は冷蔵庫(野菜室)に入れて、なるべくその日のうちに食べましょう。ただ、長時間冷蔵庫に入れておくと甘みが薄れてしまうので要注意。買ってからすぐに食べたい時は、冷水にさっと通して冷やすとおいしく食べられます。 さくらんぼなら40粒くらい
わたしたちが生産しています

余市町さくらんぼ生産出荷組合
組合長 伊藤 邦夫   
生産者数 102名